1. トップ
  2. 工工四検索
  3. 手習い 沖縄の三線
手習い 沖縄の三線

手習い 沖縄の三線

¥1,500

著者目取真永一、糸数正男、佐久川政要
発行者目取真永一
発行日1995.12.15
サイズA4
送料(1冊)850円(定形外郵便)

手習い 沖縄の三線
収録内容

第一課

  1. 三線各部の名称
  2. 三線の持ち方と正しい姿勢
  3. 絃及び範の糸結びと撥の操作・バチの使い方
  4. 駒(ウマ)と範(カラクイ)の操作
  5. 調絃(チンダミ)のしかた
  6. 調絃のこと
  7. チンダミ操作の手順

第二課

  1. 練習(1)右手の練習 − 開放絃
  2. 三線の勘所と絃楽名
  3. 絃楽譜と洋楽譜の関係
  4. 絃の押え方
  5. 練習(2)右手と左手を組み合わせた練習
  6. 五線譜や工工四を読めない人のために
  7. 練習(3)一拍ずつ同じリズムで弾く練習

第三課

  1. 練習(4)1/2拍のある絃楽譜の練習
  2. なかゆくい
    1. 「三線」という名称について
    2. 三線の各部の名称
    3. 三絃の起源と三線の由来
    4. 三線の種類とその特長
    5. 開鐘について
    6. 人々のくらしと三線
    7. 三線の付属品とその操作
    8. 本土の三味線と琉球三線の比較
    9. 蛇皮の選び方
  1. 練習曲 渡りざう
  2. 練習曲 天川節の歌持
  3. 練習曲 速いテンポの練習

第四課

  1. 発声・歌唱法・呼吸法について
  2. 練習曲 七月エイサーの一節
  3. 練習曲 久高マンジュー主節
  4. 練習曲 安里屋ユンタ
  5. 練習曲 ハイ二才ター節の一節
  6. 秋の踊りの一節

第五課

  1. 発声練習するにあたって
  2. 声楽記号の段階区分表
  3. 練習(5)発声練習
    練習(6)五分拍子
    練習(7)琉球音階「レ」音の練習
    練習(8)絃楽譜と声楽譜の一致しない音程練習
  4. 練習(9)○拍子で声楽譜がついている音程練習
  5. なかゆくい
    1. 琉球古典音楽の流派と組織
    2. 野村流と安冨祖流の歌い方のちがい
    3. 「尺」の位置について
    4. 日本民謡と琉球民謡の音階の相違
    5. 律呂に対する二つの説
    6. ピアノの音階と三線音階の相違
    7. 当流とその流れ
    8. 腹式呼吸法

第六課

  1. 練習(10)伊佐兵よー節の一節
  2. 練習曲 伊佐ヘイヨー節(本調子)
  3. 練習曲 安波節
  4. 練習曲 黒島節
  5. 練習曲 子守節
  6. 本調子第二ポジション(中位)について
  7. 練習(11)〜(13) 第二ポジションの練習
  8. 練習曲 遊びションガネー節
  9. 練習曲 武富節

第七課

  1. 第二ポジションで弾く古典の歌
  2. バチさばきの記号化
  3. 歌出しの拍子のとり方
  4. 右手と左手による拍子のとり方

第八課

  1. 祝い座での幕開け曲の組み合わせ
  2. 祝い座の歌詞のかずかず
  3. 練習曲 かぎやで風

第九課

  1. 二揚節と組踊二揚五曲
  2. 二揚げの勘所
  3. 三下調子と一二揚調子
  4. 練習曲 前之浜
  5. 練習曲 坂原口説
  6. 練習曲 與那原節
  7. 練習曲 ケーヒットリ節
  8. 練習曲 花笠節
  9. 早弾(草弾)拍子のとり方
  10. 練習曲 祝節
  11. 練習曲 めでたい節
  12. なかゆくい
    1. 「一人前になる」とは
    2. 「工工四」の使い方
    3. 「音程」について
  1. 地謡の心得

第十課

  1. 地謡の心得
  2. 名曲への心構え
    1. 作田節
    2. 伊野波節
    3. 恩納節
    4. 仲村渠節
    5. 仲間節
    6. 赤田風節
    7. 干瀬節
    8. 子持節
    9. 散山節
    10. 仲風節
    11. 述懐節
  1. 沖縄タイムス芸術選賞新人部門選考基準
  2. 歌三線指導上の勲育語録